上下の歯と歯をくっつける癖【TCH】

デンタルIQを上げる

こんにちは、mimiです。

いま、歯に意識を向けてみてください。

上下の歯と歯が触れていますか?

もし触れていたなら、それがTCHです。

TCHとは?

TCHとは、(Tooth Contacting Habit)の略で、上下の歯を接触させる癖のことをいいます。

歯と歯が接触するのは、食事や会話のときだけで、一日のうち20分以内といわれています。

通常、くちびるは閉じていても、歯と歯の間隔が2ミリほどあいているのが正常です。

TCHをしやすい状態

・読書

・スマホ操作

・勉強

・ゲーム

・家事

など、なにかに集中しているときに、TCHが誘発されやすいです。

TCHによりおこる症状

・歯がいたい、しみる

・歯が浮いたようなかんじがする

・顎が痛い

・くちが開かない

・頭痛

・肩こり

・首の筋がこわばる

など、歯だけでなく、頭部や、首、肩まわりにまで悪影響をおよぼします。

また、歯ぎしり・食いしばりは、自分の体重~その2倍ほどの力がかかります。

そのため、歯や歯をささえる組織を破壊します。

TCHの改善策

TCHをしないために、以下のことを実践してみてください。

・「歯を接触させない」ことを意識する

・目のつくところに付箋をはる

いちばんの対策が意識すること、なんてかんたんそうでむずかしいですよね。

意識していても、なにかに集中すると忘れてしまうもの。

なので、「歯を離す」とかいたメモを家中に貼りつけます。

目につくところがいいので、テレビやパソコンの画面、電気のスイッチなどがおすすめです。

患者さんのアイディアでいいなと思ったのが、スマホの待ち受け画面を「歯」にしていたことです。

スマホの待ち受けだと、外出中にも有効ですよね。

ふいにスマホをみたときに、ハッとさせられます☺

また、就寝時に歯ぎしり・食いしばりをしないために、「寝るまえに、なにも考えない」ことも大事です。

あしたの試験大丈夫かな…。

きょうは失敗つづきだったから、次からは気をつけないと…。

などといろいろ考えてしまうと、それがストレスになり歯ぎしりや食いしばりを引き起こします。

ふとんに入ったら「おふとん気持ちいいな…。」とおもうだけ!

そして、ゆっくりと深呼吸をしましょう。

あっという間に夢のなかです。

(秒で寝ます:個人の感想です)

ものは試し。ぜひきょうの晩から実践してみてください。

さいごに

いちど癖になったものは、やめることがむずかしいです。

ですが、いままで「歯をくっつける癖」がついていたのだから、「歯をくっつけない癖」をつけることもできます。

TCHはストレスが原因なので、

・ストレスをなるべく溜めない

・自分のストレス発散の方法がわかる

ことも大事です。

休日にはからだを動かしたり、仲良しの友人とあそんだり、大好物を食べたり、自分をストレスから解放してあげてくださいね。

さいごに、もういちどお聞きします。

いま、歯と歯、あたっていませんか?(^^)

まずは、くちを閉じて。

上下の歯を離し、頬っぺた、首のちからを抜きましょう。

リラックス、リラックス。

それでは、お読みいただきありがとうございました!(^^)!

デンタルIQを上げる
スポンサーリンク
mimiをフォローする
プロフィール
mimi

生まれも育ちも九州☆94年生まれの歯科衛生士です。20年3月~念願のインビザライン矯正をしています。成人矯正に悩まれている方のヒントになったり、矯正生活をより快適に過ごすためのブログを目指しています。

mimiをフォローする
歯ぴろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました