キーンとしみる知覚過敏

デンタルIQを上げる

こんにちは、mimiです。

冷たいものや甘いものを口にしたとき、キーンとしみることはありませんか?

それは知覚過敏の症状かも。

mimi
mimi

知覚過敏について、わかりやすく説明します。

知覚過敏の原因

知覚過敏は、歯の象牙質が露出することで発症します。

象牙質は神経に向かって細い管(くだ)が無数に通っているため、冷たいものなどの刺激をうけると、瞬間的に鋭い痛みを感じるようになります。

象牙質が露出するとき

象牙質は本来エナメル質におおわれています。

なぜ露出してしまうのでしょうか。

原因は3つあります。

①歯ぐきが下がる

誰しも年をとるにつれ、年々歯ぐきが下がります。

また、歯周病や歯みがき圧が強いことでも、歯ぐきが退縮していきます。

②歯の表面がすり減る

歯みがき圧が強かったり、歯ぎしりによってエナメル質がすり減り、象牙質が露出します。

③酸性の飲食物で歯の表面が溶ける

お酢、炭酸飲料、かんきつ類などの酸性の強いもので、エナメル質が溶けていしまいます。

そのほかストレスや噛み合わせの問題もあります。

ご自身の原因をみつけることが大切です。

知覚過敏の症状

特定のもので瞬間的に鋭い痛みをかんじます。

👇たとえば、こんな刺激…。

☑冷たい、甘い、酸っぱいものを飲食したとき

☑歯ブラシがあたったとき

☑風がくちの中に入ってきたとき

むし歯と症状と似ており、その可能性もあるのでこれらの症状がでたら、はやめに歯科を受診されてください。

治療方法

軽度

・知覚過敏用の歯みがき粉を使用する

・しみ止めのおくすりを歯に塗布する

・レーザーをあてる

知覚過敏のほとんどは、上記の処置で落ち着きます。

中度

・特殊なプラスチック樹脂で埋める

歯の削れた部分を、むし歯治療とおなじ材料でうめます。

重度

・神経をとる

痛みが長くつづく場合や、神経が痛んでいるときには神経をとります。

予防

知覚過敏を確実に予防することはできませんが、発症しにくくなる方法はあります。

知覚過敏にならないように気をつけること

・酸性の飲食物(炭酸飲料、酒、かんきつ類)を頻繫にとらない

・ゴシゴシ磨きをしない

・歯ブラシは、やわらかめ~ふつうを使う

・歯ぎしりの癖をやめる

・知覚過敏用の歯みがき粉をつかう

知覚過敏用歯みがきで有名なのがシュミテクトですね。

研磨剤無配合なので、もちろん歯にやさしいです。

こちらはホワイトニング効果もあるので、特におすすめです。

まとめ

知覚過敏の症状は、むし歯とよく似ています。

自己判断で済ませず、症状がでたらはやめに歯科医院を受診されてくださいね。

お読みいただきありがとうございました!(^^)!

デンタルIQを上げる
スポンサーリンク
mimiをフォローする
プロフィール
mimi

生まれも育ちも九州☆94年生まれの歯科衛生士です。20年3月~念願のインビザライン矯正をしています。成人矯正に悩まれている方のヒントになったり、矯正生活をより快適に過ごすためのブログを目指しています。

mimiをフォローする
歯ぴろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました