予防歯科の先進国、スウェーデンの歯みがき法

デンタルIQを上げる

こんにちは、mimiです。

北欧の国スウェーデンは、予防歯科の先進国として知られています。

いま「世界で最もお口の病気が少ない国」といわれるほど😳❗

今回は、そんなスウェーデンの歯みがき方法をご紹介します。

イエテボリテクニック

スウェーデンの歯みがき方法は【イエテボリテクニック】と呼ばれます。

ポイントは4つ。

イエテボリテクニック

  1. 歯みがき粉をたっぷりと使う(2センチ)
  2. 歯全体に歯みがき粉が行きわたるように意識して磨く
  3. 口の中の泡をしっかりと吐き出したあと、口をゆすがない
  4. 歯みがきのあと、最低30分は飲食をしない

実験によると、イエテボリテクニックは通常の歯みがきと比べて、むし歯予防効果が40%以上も高いんだとか。

その最大の目的は、最後に口をゆすがず、フッ素をお口の中にとどめておくことです。

ゆすぎ回数によるフッ素ののこり方

NHKの番組内で行われた実験では、以下のようになりました。

ゆすぎ回数とフッ素濃度

0回・・・25.8ppm

1回・・・8.3ppm

2回・・・5.ppm

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190508/index.html

なんとうがいを1回するだけで、お口の中にのこるフッ素が激減します。

Olivia
Olivia

歯みがきのあとはゆすがない方がいいのね。でも抵抗があるわ。

実はイエテボリテクニックを紹介しているわたしも、うがいしたい派なんです。

なのでほんの少量のお水で1回、さっと流す程度にやっちゃいます🙊

うがいを減らすには

歯みがき粉の味が濃かったり、辛いと何度もうがいをしたくなりますよね。

うがいを減らすためには、歯みがき粉を選ぶところから。

使ってみてもらいたいのが、ジェルタイプの歯みがき粉です。

ジェルの歯みがき剤は、研磨剤なしで泡立ちもひかえめ。

少量のうがい・もしくはうがいなしでいけます。

イエテボリテクニックにおける注意事項

  • イエテボリテクニックは12歳以上が対象です。
  • フッ素はインプラントに悪影響を及ぼすおそれがあります。かかりつけ医に相談してください。

まとめ

予防歯科の先進国、スウェーデンの歯みがき方法をご紹介しました。

ポイントは歯みがき粉を十分な量(2センチ)使って、その後はうがいをしないこと。

これからのブラッシングに活かしてくださいね😊💕

お読みいただきありがとうございました!(^^)!

デンタルIQを上げる
スポンサーリンク
mimiをフォローする
プロフィール
mimi

生まれも育ちも九州☆94年生まれの歯科衛生士です。20年3月~念願のインビザライン矯正をしています。成人矯正に悩まれている方のヒントになったり、矯正生活をより快適に過ごすためのブログを目指しています。

mimiをフォローする
歯ぴろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました