インビザライン経過報告#48(頬コケた)

歯並びのキロク

こんにちは、mimiです。

記事のトップ画像の「はにゃ?」というのは、わたしの大好きな丸山礼ちゃんのオリジナルキャラクター井上千晶の口癖です。


1カ月ぶりに会った母に

母

顔がシュッとしたね。細くなった。

と言われました。

実はわたしも最近同じようなことを思っていたので、やっぱりそうなのか〜!とショックを受けています。(ダイエットして痩せたとかではないから)

顔が細長くなった

もともとわたしは超丸顔で、家族からは「満月」と言われていました(ひどい)

でも最近は、頬がコケて輪郭が変わりました。

↓矯正前

↓いま

体重は変わらないのにげっそり・・・。

矢印のところ(頬骨下)を見ると、矯正前はふっくら、いまはベコっと削げています。

もしかして、これが矯正期間中におこる「頬コケ」なんでしょうか・・・?

頬コケとは

頬の脂肪が減って、頬がコケて見えることです。

ムンクの叫びみたいな。

自転車のサドルみたいな。

顔の両サイドがそげるので、顔は細長くなり、老けた印象になります。

頬コケがおこる主な原因は、加齢や体重の減少ですが、歯列矯正でも見られます。

歯列矯正で頬がコケる理由は、

・抜歯

・咬む筋力の低下

などです。

わたしは上記に当てはまらないので、頬コケの原因は歯列矯正でなく、加齢による変化ではないかとおもっています。

まあ加齢といっても現在26歳なんですが、やはり10代や20代前半とは体の変化を感じています。

皮膚が乾燥して粉ふいたり、肩こりが酷くなったり・・・。

そういった変化のうちのひとつの「頬コケ」かのかなあって。

子どもってお顔にお肉がついていてプニプニしていますよね。

それが大人になるにつれて、顔の弾力やハリが失われて、シュッとしてきます。

その変化がドーンと来たのが、この26歳だったのかなあと思うわけです。

頬コケの対処法

頬コケは改善・予防することができます。

対処法を4つご紹介します。

1、マッサージ

とても簡単なので手軽にできます。

やり方

  1. 手のひらをアゴ先におく
  2. フェイスライン上を頬骨に向かって引き上げる

1日30回程度行う。

肌が乾燥した状態で行うと上手く滑らないので、洗顔後などフェイスクリームを使うときにおすすめです。

2、「あいうべ体操」

口呼吸の改善を目的とした有名な体操ですが、口まわりの筋肉をたくさん動かすので、頬コケにも有効です!

やり方

  • 「あー」と大きく口を開く
  • 「いー」と大きく口を横に広げる
  • 「うー」と唇を突き出す
  • 「べー」と舌を真下に伸ばす

1日30回程度行う。

3、美容鍼

ツイッターで同じ悩みを持つフォロワーさんから教えていただきました。

鍼は前々から気になっていたので、ぜひやってみたい。

4、美容整形

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪移植
  • フェイスリフト

などで頬コケ修正を行えるようです。

ただ自己負担が大きいのがデメリット。(金額や身体、精神的にも)

mimi
mimi

とりあえず、今日からできるマッサージ・体操をやってみよう!

まとめ                      

頬がコケてしまったのは歯列矯正ではなく、経年変化によるものだと考察していますが、なんせ矯正中なのでそうだと断言はできないし、もしかしたら矯正民が通る道なのかもしれません。

歯列矯正をすると歯並びも変わるけれど、顔貌(がんぼう)もかなり変わるので、日々鏡写り・写真写りをチェックして経過観察していかねばとおもいます。

しかしこれ以上頬コケしたくないなあ!

マッサージとあいうべ体操やってみて、変化があるといいなあ。

必ず追記レポします!!

お読みいただきありがとうございました!(^^)!

歯並びのキロク
スポンサーリンク
mimiをフォローする
プロフィール
mimi

生まれも育ちも九州☆94年生まれの歯科衛生士です。20年3月~念願のインビザライン矯正をしています。成人矯正に悩まれている方のヒントになったり、矯正生活をより快適に過ごすためのブログを目指しています。

mimiをフォローする
歯ぴろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました