インビザライン経過報告#51(歯並び比較)

歯並びのキロク

こんにちは、mimiです。

今回の記事では、矯正6か月8か月強の歯並びを比較していきます。

アライナーでいうと、31枚目と50枚目です。

出来れば1枚目と比べたかったんですが、写真のクオリティが低すぎたため、31枚目と比較することにしました。

歯並び比較

はじめにわたしの歯並びと、歯の並べ方について簡単にお話しします。

わたしは出っ歯で、歯を抜かずに矯正をしています。

非抜歯の場合は、前歯を下げるスペースを作るために、以下のことをします。

・奥歯を下げる

・IPR(歯の側面を削る)

わたしは約8か月かけて奥歯を下げ、少しずつIPRもしました。

それでは、現時点での歯並び比較をしていきます。

正面

この8か月の間、奥歯の移動がメインだったので、正面からの見たときの印象は大して変わっていません。

内側に入った右上5番(写真では反転しているので左)が、歯列弓に収まったのが分かりやすい変化です。

また、前歯は3回に分けて下がりますが(犬歯が下がる→2番と1番が下がる×3回)、その1分回目が#44~#51でした。

1回目が終わっての感想は「イマイチ前歯が動いた感じはしない」です。

年末には2回目の前歯下げがあるので、もう少し引っ込めばいいなあと期待しています。

比較しているのは、矯正前と今です。

下の歯は、矯正3か月(アライナー14枚)で並べ終わっています。

矯正前と変わったのは

・歯列弓がやや広がる(横幅が広いU字になる)

・1番と1番の間の隙間が閉じる

下の歯が空いているのは、両側2番が先天欠如(生まれつきない)で歯の数が2本少ないからです。

矯正で歯の軸を少し内側にしたことで、隙間を閉じたそうです。

サイド

#31は中間の歯(4番と5番)が奥へ移動しているところ。

#51ではその2本が下がりきって、前歯の移動が始まりました。

まとめ

SNSで矯正期間3か月そこらで劇的に歯並びの変化がある方を見ると、「わたしは8か月もやっているのに、見た目の変化がちっともない」と落ち込むことがありました。

けれど、地味なりにちゃんと歯は動いているし、いずれはわたしも綺麗になるんだ、と挫けずに頑張りました。

そして、ようやくこの長い奥歯の移動が終わり、これからは前歯の移動へ。

やっと正面の歯並び比較ができるんだ、と楽しみで仕方がありません。

また、前歯が引っ込めば口元も下がるので、口元の変化(Eライン・口を閉じたときの唇の形・顎の梅干し)なども経過報告していけたらいいなとおもいます。

mimi
mimi

これからは見た目が変わっていくステージ♪矯正が楽しくなりそう♪

お読みいただきありがとうございました!(^^)!

歯並びのキロク
スポンサーリンク
mimiをフォローする
プロフィール
mimi

生まれも育ちも九州☆94年生まれの歯科衛生士です。20年3月~念願のインビザライン矯正をしています。成人矯正に悩まれている方のヒントになったり、矯正生活をより快適に過ごすためのブログを目指しています。

mimiをフォローする
歯ぴろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました