インビザライン経過報告2nd#1②(クリンチェック動画公開!歯並びはどう変化するのか?)

インビザライン

こんにちは、mimiです。

mimi
mimi

ゴールデンウィークが始まりましたね☆

といっても連休中の予定ゼロです。

直前まで開催予定だったイベントも中止の嵐で、

お友だちにも会えず、

おとなしく家でブログ書いています、はい。

そんな今日は、2ndのクリンチェック動画をお見せします。

動画と言っていますが、動画を使うとサイトが重たくなってしまうので、動画を切り取った静止画です。

すみません。

どうしても動画で見たいよって方はツイッターインスタにめっちゃ早送りにした動画を投稿していますので、よければそちらをチェックしてみてください。

では記事に入りましょう~♪

クリンチェックとは

まず「クリンチェックってなんぞや?」という方へ

クリンチェックとは

治療開始前の精密検査のデータをもとに、3Dの治療計画ソフトウェアを使って、治療開始から治療終了までの歯の動きをシミュレーションします。

この治療計画を元にアライナー(マウスピース)が作成されます。

Myクリンチェック動画

インビザライン1stでは、アライナー全78枚中58枚目で終了しました。

1stの治療期間は、丸1年です。

2ndのアライナーは全部で30枚だけど、アライナーの交換日数が長いから、また1年くらいかかりそうです。

さて、これからお見せする画像は、現在の歯並び(#1)&矯正が終了したときの歯並び(#30)になります。

出っ歯の治まり具合や、咬み合わせの変化など見ていただければと思います。

正面

まずは正面観の変化からいきましょう。

#1は、上の歯が下の歯に深く被さっていて、下の歯があまり見えませんね。

アニメーションでも上の歯に大層な影を付けられています。

こういった上下の深い咬み合わせを「過蓋咬合(かがいこうごう)」「ディープバイト」といいます。

これを改善させるためには「圧下」と呼ばれる、歯の根っこ方向へ歯を押し沈める移動を行って、歯を並べていきます。

前歯の圧下を結構するので、神経が耐えられるかな~と少々心配です。

次に、上の歯です。

口をガパっと開けた角度から見ていきます。

奥歯4~7番は、1stで遠心移動(奥への移動)をしました。

2ndでは咬み合わせの調整をします。

前歯1~3番はこれから引っ込みます。

そして、上の画像を見ていただくと歯と歯の間に「.5」と書かれていますが、これは「歯の側面を0.5ミリずつ削る」という意味です。

専門用語で「ディスキング」といいます。

下の歯も、ガパっと口を開けた状態です。

わたしは生まれつき、下の2番が2本ともありません(先天欠如歯)。

だからといって、もとの歯並びがすきっ歯ではなかったし、むしろ下は歯並びめっちゃ良かったです。

2番がないことに感謝。

下の歯は、アライナー11枚目で動き終わります。

右から見たところです。

#1を見てみると、奥歯3本が浮いています。

「インビザラインは奥歯が咬まなくなる」といいますが、たしかにこの画像を見る限りそのような状態になっていますね。

ただ、矯正途中なのでこれから咬むようになるかもしれないし、これもまた経過観察かなと。

左です。

#1どんだけ出っ歯だよって感じですが、#30ではちゃんと引っ込みます。

見た目も変わるだろうし、前歯で咬み切る生活を思うと、ワクワクしますね。

まとめ

上:#1
下:#30

2ndでの歯の移動

上の歯
  • 奥歯は咬み合わせのための微調整
  • 前歯は圧下遠心移動ディスキング
下の歯
  • 咬み合わせのための微調整

前歯2本がダイナミックに動くので、また神経が死なないかヒヤヒヤしていますが、2週間交換でゆっくりやってるし・・大丈夫・・だよね!?!?

(不安)

クリンチェックは歯の動きがわかるので、面白いです。

最終的なゴールを見ることで、矯正のモチベーションアップにもなっています。

矯正折り返し地点、がんばるぞ~!

お読みいただきありがとうございました!(^^)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました